読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GreenのVR lab

VRと洋ゲーが好きなアラサーのブログです

HTC Vive - 箱の中身の確認編 -

前回、残念ながら自分のPCはVR使用不可と告げられましたが、気にせずVIVEの箱の中身を見てみましょう。

箱の中身はケーブル類を覗くと下記の3つが同梱されていました。

ヘッドセット

f:id:GreenTech:20160803000729j:plain

コントローラー (2個)

f:id:GreenTech:20160803000521j:plain

ベースステーション(2個)空間を認識する為のセンサーです -

f:id:GreenTech:20160803002200j:plain

この中で、ベースステーション(2個)の設置が大変かと思います。

ViveがOculus riftやPSVRにない特徴としてルームスケールVRという、1部屋ほどのVR空間を歩き回れるという機能があります。(他の2つはViveほど広い範囲は動けない)その歩き回る実際の空間を範囲内に収まるように、この2つベースステーションを対角線上の高い位置に設置する必要があります。

ケーブルだらけになってしまうのでは?と若干不安でしたが、このベースステーションに接続するのは電源だけで良いみたいですね。無線でヘッドセットと接続され、USBで接続されたヘッドセット経由でPCに認識されるようです。なので、とりあえず設置しやすい部屋の隅に対角線になるよう2つ設置すれば良いだけですね。

ただ1部屋で歩き回れるだけのスペースを取るのは結構大変じゃないですか?遊ぶのに実際どれくらいのスペースが必要なの?と気になるところですが、それはまた次回にて。